本阿弥書店刊行句集

折鶴
矢島艶子
2014 年 5 月刊
¥ 3,000 (税別)
注文する
ISBN 978-4-7768-1091-9
夕づつや稲の香の濃き母のくに
艶子は馥郁たる情緒を内包する美しい日本語で、森羅万象の四季の変化を、日々の思いを季感詩俳句に詠っている。— 大竹多可志

本阿弥書店刊 矢島艶子 折鶴

本阿弥書店の新刊雑誌
俳壇7月号
俳壇7月号

青春の俳句―時代を超えて、鮮しく

俳壇は毎月14日発売です。

歌壇7月号
歌壇7月号

年齢をどう詠むか-熟年から老年にかけて

歌壇は毎月14日発売です。

俳壇年鑑 2018年版
俳壇年鑑 2018年版

全国俳人住所録3,500人

Twitter Timeline
俳句自動生成ロボット
by 三島ゆかりさん note   次の一句 
月齢カレンダー
七十二候 —
旧字・旧仮名遣い変換
誤変換する場合があります  [?]
TOP

END