本阿弥書店刊行評論その他一般書籍

品切
糟谷磯丸 — 伊良湖の歌ひじり
安江 茂
2010 年 5 月刊
¥ 2,600 (税別)
幕末の民衆の願いを歌にする漁師歌人磯丸の型破りな出世物語。磯丸の歌と向かい合っていると、歌の背景に、幕末という時代を生きた民衆の、心の在りようが見えてくるような気がする。この時代を生きた人々が何を願い、何に悩み、何を喜び悲しんだか。また、そういう民衆の思いを一身に引受け、民衆に代わってひたすら歌を詠み続けた一人の男がいて「磯丸さま」とまで崇められていたことを、どう理解したらよいのだろうか。(「あとがき」より)

本阿弥書店刊 安江 茂 糟谷磯丸 — 伊良湖の歌ひじり

本阿弥書店の新刊雑誌
俳壇1月号
俳壇1月号

俳誌編集長新春アンケート

俳壇は毎月14日発売です。

歌壇1月号
歌壇1月号

新春作品特集

歌壇は毎月14日発売です。

俳壇年鑑 2018年版
俳壇年鑑 2018年版

全国俳人住所録3,500人

Twitter Timeline
俳句自動生成ロボット
by 三島ゆかりさん note   次の一句 
月齢カレンダー
七十二候 —
旧字・旧仮名遣い変換
誤変換する場合があります  [?]
TOP

END