本阿弥書店刊行歌集

海辺の光景
小寺三喜子
2010 年 12 月刊
¥ 2,800 (税別)
注文する
泥濘の人の踏み跡にわが足を重ねて歩む楽しさもある
こんな楽しさを口にできる人は稀にしかいないと思う。『海辺の光景』の歌を詠んでいる期間に、小寺三喜子さんは思わざる悲しみにも出会った。しかし、作品は総じて明るく、前を向くことを忘れていない。日頃暮らしている豊かな倉敷の文化と岡山の自然をしっかりと味方にできているからに違いない。— 伊藤一彦 (帯文より)第二回筑紫歌壇賞受賞作家の第二歌集。

本阿弥書店刊 小寺三喜子 海辺の光景

本阿弥書店の新刊雑誌
俳壇7月号
俳壇7月号

青春の俳句―時代を超えて、鮮しく

俳壇は毎月14日発売です。

歌壇7月号
歌壇7月号

年齢をどう詠むか-熟年から老年にかけて

歌壇は毎月14日発売です。

俳壇年鑑 2018年版
俳壇年鑑 2018年版

全国俳人住所録3,500人

Twitter Timeline
俳句自動生成ロボット
by 三島ゆかりさん note   次の一句 
月齢カレンダー
七十二候 —
旧字・旧仮名遣い変換
誤変換する場合があります  [?]
TOP

END