本阿弥書店刊行歌集

水ぢから
米田靖子
2009 年 5 月刊
¥ 2,600 (税別)
注文する
「宝」の語源は「田柄」。田畑を耕して収穫したものの意味である。大和葛城の山ふところに抱かれた吐田郷で、米を作り野菜を作り、家族を愛し、ときに古代の神々と不思議な出会いをする。歌集『水ぢから』の作品群は、そんな米田靖子さんの、豊かな確かな「田柄」である。— 小島ゆかり 第十七回歌壇賞受賞作家の第二歌集。

本阿弥書店刊 米田靖子 水ぢから

本阿弥書店の新刊雑誌
俳壇1月号
俳壇1月号

俳誌編集長新春アンケート

俳壇は毎月14日発売です。

歌壇1月号
歌壇1月号

新春作品特集

歌壇は毎月14日発売です。

俳壇年鑑 2018年版
俳壇年鑑 2018年版

全国俳人住所録3,500人

Twitter Timeline
俳句自動生成ロボット
by 三島ゆかりさん note   次の一句 
月齢カレンダー
七十二候 —
旧字・旧仮名遣い変換
誤変換する場合があります  [?]
TOP

END