本阿弥書店刊行句集

無言館
大高霧海
2013 年 6 月刊
¥ 2,800 (税別)
注文する
東信州の丘に建つ戦没画学生慰霊美術館「無言館」の名には、嘆かれ、悼まれ、詠われることへの密かな拒否がある。その「無言館」の沈黙に、あえて無言の言葉をもって抗う大海霧海さんの全317句に、私は大高さんのやむにやまれぬ非戦への願いと祈りをみる。— 窪島誠一郎

本阿弥書店刊 大高霧海 無言館

本阿弥書店の新刊雑誌
俳壇7月号
俳壇7月号

青春の俳句―時代を超えて、鮮しく

俳壇は毎月14日発売です。

歌壇7月号
歌壇7月号

年齢をどう詠むか-熟年から老年にかけて

歌壇は毎月14日発売です。

俳壇年鑑 2018年版
俳壇年鑑 2018年版

全国俳人住所録3,500人

Twitter Timeline
俳句自動生成ロボット
by 三島ゆかりさん note   次の一句 
月齢カレンダー
七十二候 —
旧字・旧仮名遣い変換
誤変換する場合があります  [?]
TOP

END