本阿弥書店刊行句集

品切
垂直
柴田佐知子
2009 年 6 月刊
¥ 2,900 (税別)
この世に生を受け、滅びへと向かう自分もまた自然の姿そのものなのだという事実に向き合う貴重な十年であった。風も光も自分の中を通り抜けていくように感じられた。いずれこの大気の中へ消えてゆく我が身であろう。その日まで俳句と共に立っていたいと願っている。(「あとがき」より) 第49回俳人協会賞候補。

本阿弥書店刊 柴田佐知子 垂直

本阿弥書店の新刊雑誌
俳壇2月号
俳壇2月号

第三十二回俳壇賞決定発表

俳壇は毎月14日発売です。

歌壇2月号
歌壇2月号

第二十九回歌壇賞決定発表

歌壇は毎月14日発売です。

俳壇年鑑 2017年版
俳壇年鑑 2017年版

全国俳人住所録3,500人

Twitter Timeline
俳句自動生成ロボット
by 三島ゆかりさん note   次の一句 
月齢カレンダー
七十二候 —
旧字・旧仮名遣い変換
誤変換する場合があります  [?]
TOP

END