本阿弥書店刊行句集

品切
天望
豊長みのる
2010 年 9 月刊
¥ 2,858 (税別)
俳句は生きとし生けるものの夢の断片である。 俳句は境涯の詩であり、生きようとする精神の象徴でありたい。それゆえに私は人生の哀歓を土台に、句作は必ず実感から入り、カタルシスのある句をと常に志している。(「あとがき」より)

本阿弥書店刊 豊長みのる 天望

本阿弥書店の新刊雑誌
俳壇7月号
俳壇7月号

青春の俳句―時代を超えて、鮮しく

俳壇は毎月14日発売です。

歌壇7月号
歌壇7月号

年齢をどう詠むか-熟年から老年にかけて

歌壇は毎月14日発売です。

俳壇年鑑 2018年版
俳壇年鑑 2018年版

全国俳人住所録3,500人

Twitter Timeline
俳句自動生成ロボット
by 三島ゆかりさん note   次の一句 
月齢カレンダー
七十二候 —
旧字・旧仮名遣い変換
誤変換する場合があります  [?]
TOP

END